ICT研修(ICTを授業の中で活用するための研修)
ICT研修助成プログラム

初等中等教育の学校現場において、ICT環境の整備が急速に進んでいます。
特に地上波デジタルテレビについては、平成21年度の政府の補正予算の後押しもあり、全国の多くの小中学校の教室に設置が完了しています。今後はそれを授業でいかに活用するかが課題となっています。

ICTの授業での活用については、一部の先導的な学校や先生方の取組みが先行しているのが現状であり、大部分の学校や先生方にとっては、授業のどのような場面でどのように使うのかが、手探りの状態ではないでしょうか。そこで当財団では、児童生徒の「確かな学力」l向上を図るために、ICT研修を実施しようとしている研究会等に対して助成を行います。

今年度は特にデジタルテレビの活用に焦点を当てます。本助成プログラムにより、学校現場におけるICTを活用した授業実践を増やすと共に、研修・研究会運営の知見(ノウハウ)の普及も図ってまいります。

[平成22年度助成先一覧]

研究グループ 地域 テーマ 研究代表者
北海道情報と教育ネットワーク 北海道 「デジタルテレビを生かした授業のあり方」ICT活用の研究と実践 中島 秀文
情報活用型授業を深める会 仙台市 デジタルテレビ等を活用した情報活用型授業モデルの開発 菅原 弘一
メディア教育振興会 石川県 電子黒板等を活用するための教員研修の企画・実施及び授業の実践 村井 万寿夫
和歌山市立教育研究所 情報教育研究班 和歌山市 「授業及び研修での電子黒板の有効な活用について」
〜市内すべての教育が効果的に活用できるための研修のあり方について〜
角田 佳隆
西宮市情報教育研究グループ 西宮市 電子黒板・デジタルテレビおよび情報モラルに関する研修の実施 北井 良
松山市小学校情報教育研究委員会 松山市 すべての教室でデジタルテレビを有効活用するためのICT研修 替地 和人
沖縄県マルチメディア教育研究会 沖縄県 ICTを活用した教師の授業力を高める研究会運営の研究 甲斐 崇