財団活動日記&ニュース
2011年4月21日
 ICTを活用して目指す児童像にせまる!
 

平成22−23年度の特別研究指定校の練馬区立中村西小学校を訪問いたしました。
中村西小は昨年1年間で授業でのICT活用が飛躍的に進みました。今年度はその成果を受けて、研究主題である「表現する楽しさを味わう子の育成」に取組みます。

研究を進めるにあたり、目指す児童像を明らかにされました。それは、
『相手意識をもち、根拠を明らかにして自分の思いや考えを伝えたり、友達の思いや考えを受け止めたりする子』
『考えを伝え合う活動を通して、自分や友達についての理解を広げたり、深めたりする子』
ということです。

これらの目指す児童像にせまるために、ICTを使って
@ わかる授業の充実
A 言語活動を通した学び合い活動の充実
として研究を進めていかれます。

中村西小学校では今年度から校長先生が代わられました。また、ご異動された先生も10人近くおられます。新しい先生方の中には今まであまりICTに馴染みのなかった先生もおられるようです。それらの先生方がいかに早くICT活用に慣れ、研究主題にせまることができるのかも、注目していきたいと思います。

今年度の公開研究会は12月9日です。
どのような研究成果が出るのか、今からとても楽しみです。


中村西小学校の今までの活動報告

中村西小学校の基本情報
平成22年度8〜12月の活動報告

財団職員によるレポート

子どもたちの表現力を育成するICT活用 (平成23年3月2日)
「1人の百歩より、100人の一歩」 (平成22年12月3日)
練馬区立中村西小学校へ行ってきました(平成22年9月30日)
中村西小学校(特別研究指定校)を訪問しました(平成22年5月19日)


 2011年4月21日(木)UP (桐井)

←前の記事へ 次の記事へ→