財団活動日記&ニュース
2011年11月09日
◆ これまでの授業スタイルを踏襲した無理のないICT活用
 

勝山市立村岡小学校(平成23-24年度特別研究指定校)で行われた、福井県視聴覚教育研究大会の小学校の部に参加させていただきました(10月28日)。
勝山市・大野市の先生方を中心に約70人の参加者を得て開催されました。

<研究授業>
全クラスで公開授業が行われていました。
どの授業もICTとアナログが無理なく融合された授業でした。
またワークシートを活用して、自分の考えを書くということを重視されていました。

◯ 1年音楽 「いろいろなおとにしたしもう」

演奏する子どもの映像を授業の最後に振り返り

○ 2年生活 「もっと まちの 人と なかよく なろう」

子どもたちが自分たちで調べたことを発表

○ 3年社会 「はたらく人とわたしたちのくらし」

ワークシートを大きく映し、書き方を先生が指導(指示の明確化)

○ 4年国語 「説明の仕方について考えよう」

写真から読み取れることを考える

○ くりのみ学級 「円の面積(6年)」、「垂直・平行と四角形(4年)」

デジタル教科書で説明し手を動かし作業

○ 5年家庭 「元気な毎日と食べ物」

食物をグループにわけその理由をワークシートに記入

○ 5年理科 「流れる水のはたらき」

川の流れの様子の動画を流す。川で実際に取れた石を見ながら、ワークシートに
石の形状の違いを記入

→ 先生が実際に地元の川の動画を撮影しそこから石をとってこられています。   子どもたちには身近なものとしてとらえられるのではないでしょうか。

○ 6年道徳 「よく考えて行動する」

自分の考えをマンガで表現

○ 6年算数 「円の面積」

デジタルコンテンツで円の面積の求め方を説明

<授業研究会>
個々の授業毎に授業の記録をデジカメで撮影し、研究会ではそれを見ながら議論がなされました。授業後すぐに振り返る効果と公開研参加者の参加意識を高める上でとてもいい方法だと思いました。

<全大会・パネルディスカッション>

テーマ 「より分かる授業づくりとICT活用」
パネリスト 横浜国立大学 野中准教授
福井大学 岸准教授
大野市小山小学校 馬道教頭
勝山市立村岡小学校 西本教諭
コーディネーター 勝山市立村岡小学校 北内教諭

どの先生からもICT活用の意図が明確であることの重要さと村岡小はそれを実践できていることが述べられました。
ICTを使うと板書がおろそかになりがちだが、村岡小学校ではどの先生も丁寧に板書されていたこと、また子どもたちにICTを使って発表させるとそのことで終ってしまいがちだが、意見の練り上げもきちんとされていたことも指摘されていました。

野中先生からはICTは授業スタイルを変えるのものではない、まずは従来からの授業スタイルにICTを位置づけることが大事とのお話がありました。
また、村岡小はICTを特別なものとするのではなく、紙・実物・板書・ワークシート・掲示物などをうまく活用していることにも触れられ、先生方が授業の創造を楽しんでいる様子が伝わってくるということです。

効果が継続する持続可能なICT活用の普及と定着のためには、全ての普通教室に日常的にICT機器が設置されること、これまでの授業スタイルを踏襲し、負担にならない活用を継続的に行うこと、校内研修によりICT機器の設置や活用の工夫を共有することが大事であると述べられました。

また、村岡小学校の西本先生からは、今後は学力向上との関連をどう評価していくのか、また活用型学力へのICT活用をどう進めるのかといった課題が提起されました。

全体会の最後は恒例?の村岡小学校伊藤校長先生の手品で締めくくられました。

前回訪問時にも感じましたが、村岡小学校の実践のすばらしさはICTの有効性にもあるのですが、それを支える規律のすばらしさにあるのではないかと思います。
授業における態度(ぴしっと伸びた背中、思考時の集中力)、国語辞典の徹底活用、ワークシートを中心に書くことを重視した授業形態等に見て取ることができます。

とは言え、決して画一的ではないのです。むしろおのおのの先生方は子どもたちの個性を大切にし、独自のクラス運営をしようとしていらっしゃいます。学級目標もそれぞれ特徴がありユニークです。

研究主題は「なるほど、楽しく、よくわかる授業づくり」なのですが、 野中先生もおっしゃていましたが、先生方自身が授業を楽しんでおられるように感じます。もちろん学習の主役は子どもたちであることは確かなのですが、教師の楽しいと思うことや熱意は子どもたちに必ず伝わるのではないでしょうか。

ICTを活用する授業創造に先生自身が楽しむ、こんなところにもICT活用の効果もあるのではないかと感じました。

これからの村岡小学校の取り組みが楽しみです。

村岡小学校の今までの活動報告

村岡小学校の基本情報
平成23年度4〜8月の活動報告

村岡小学校の財団職員によるレポート

ICTは教師の指導力をより高めるために使う(平成23年7月8日)
基礎基本の学力を基盤とした伝え合う力の向上を目指して(平成23年5月13日)


2011年11月09日(水)UP (桐井)

←前の記事へ 次の記事へ→