財団活動日記&ニュース
2011年12月14日
 来年6月の研究会に向けて、地域と共に準備スタート!
 

兵庫県西宮市立北六甲台小学校にて、和歌山大学の豊田准教授による情報モラルに関する出前授業が行われました(11月28日)。また、当日は、特別支援学級の授業見学もさせて頂きました。


◯ 特別支援学級(1年算数)の授業

数字の歌と合わせて、視覚と聴覚から理解を促す

教科書の一覧性による逆効果(混乱)を避けるため、デジタル教科書を用いて、単問ごとに表示して、進められていました。また、印刷物には、数字の文字「さん」や、○の絵、手の形など、形式を変えたものを用意されていました。その他にも、おはじき(数をかぞえる)、音楽CD(数字の歌)など、興味を引かせる工夫をたくさん拝見させて頂きました。45分間、児童は集中して取り組んでいました。

○ 情報モラルに関する出前授業

北六甲台小学校の6年生の児童を対象に、豊田准教授(和歌山大学)による情報モラルの出前授業が行われました。教材には、文部科学省作成の「ちょっと待って、ケータイ」(映像)等を用い、現場で実践できるよう、模範的な授業を意識されて行われました。また、出前授業の後には、今度は教師を対象に、Webサイト等の最新事例等を紹介されながら、問題の深さを訴求されていました。


○ 来年6月の研究会に向けて、地域と共に準備スタート!

 
グランド超しに、おおきな囲い(カゴ)が見えました。
近づくと、5,6名の方が、ペンキを塗っておられました。

先生に伺うと、地域のボランティアの方だそうです。来年6月の研究発表会に向けて、市外からの来客も多数あると聞き、地域からも応援しよう!と校内の修繕活動が行われているそうです。北六甲台小学校さんの、日常的な地域とのつながりを感じる場面でした。地域からの応援は、他にもあるそうです。次回の訪問で、レポートしたいと思います。


北六甲台小学校の今までの活動報告

北六甲台小学校の基本情報
平成23年度4〜7月の活動報告

北六甲台小学校の財団職員によるレポート

2年国語 共感的コミュニケーションにビデオを利用(平成23年10月25日)
実践事例集(1学期編)、全学年23事例を作成!!(平成23年9月13日)
デジタル教科書、6年算数科で公開授業!(平成23年6月24日)
デジタル教科書、6年国語科で実践!(平成23年6月3日)
デジタル教科書、活用開始!!(平成23年5月19日)


2011年12月14日(水)UP (田上)

←前の記事へ 次の記事へ→