財団活動日記&ニュース財団活動日記&ニュース

2014年07月17日

◆ 特別指定終了後も研究を継続 さらなるステップに向けて

 

大阪府高槻市立芝谷中学校の授業研究会(7月4日)に参加させていただきました。芝谷中学校は、昨年度まで財団の特別指定(平成24-25年度)として、様々な研究活動に取り組んでいただきました。今年度は、高槻市の教育推進モデル校(ICT活用)の指定を継続され、研究活動を維持・発展されます。今回は、今年度最初の授業研究会です。あと、2回の授業研究会(9月3日、11月5日)と、小中合同研究授業(1月26日)を計画されています。授業研究会では、3つの公開授業と分科会、研究協議が行われます。また今回、保護者、地域の方に加え、大阪府内の高等学校からの参加者もありました。

<授業研究>
○1年体育

高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ1 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ2 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ3

単元名「陸上競技(短距離走・リレー)」、単元計画4時間の3時間目。バトンパスの基本動作を確認し、加速しながらタイミングよくパトンパスを行う技能を身に付けます。本時では、ipadを使い、自分のバトンパスの様子を動画で確認しながら、技術の向上を図っていました。授業規律が定着化しており、授業者の指示をよく聞き、各班が円滑に取り組んでいました。

○2年英語

高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ1 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ2 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ3

単元名「Leson4 Enjoy Sushi」、単元計画9時間の2時間目。There is(are)~の表現を理解し、英文を書くことに取り組みます。導入では、There is(are)~の表現を聞き、ワークシートに絵を書き、それを英文で書く活動をしていました。テンポよく授業を進められ、授業内で、たくさんの英文を書いたり、話したりしていました。

○3年理科

高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ1 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ2 高槻市立芝谷中学校の研究発表会イメージ3

単元名「酸・アルカリと塩」、単元計画9時間の5時間目。中和に必要な酸とアルカリの水溶液の濃度と体積の関係を調べる実験です。各班で、濃度の異なる水溶液を用意し、中和に必要な体積を測定していました。生徒たちが、自分で考え、実験を進めていました。授業者は、聞かなければいけないことを聞くことという指導を、1,2年生の頃から徹底して取り組み続け、それが3年生となり力がついてきたと、研究協議で説明されていました。

<分科会・研究協議>

授業研究の後、教科ごとの分科会を行い、研究協議(全体会)と続きました。今年度は、従来の活動に加え、単元学習指導案の作成に注力されています。授業者からの感想の他、高槻市教育センター八尾洋美指導主事から「単元学習指導評価計画作成における評価の考え方」について、指導助言がありました。

高槻市立芝谷中学校の研究発表イメージ 高槻市立芝谷中学校の研究発表イメージ 高槻市立芝谷中学校の研究発表イメージ 高槻市立芝谷中学校の研究発表イメージ

芝谷中学校の研究課題は、「授業の中で生徒同士がつながる場面をつくることで、自ら学び、考え、表現できる生徒が育つ ~ICTを活用した授業実践事例集およびマニュアルの開発~」です。 昨年度までに蓄積したノウハウ(STEP1:ICTを活用したわかりやすい授業、STEP2:生徒同士がつながる授業)を継続するとともに、次のSTEPへの発展を目指されます。今後も楽しみです。今後の研究活動を追っていきたいと思います。

関連記事 全クラス19授業を公開。ワークショップでつながる授業づくり (2014年1月)
関連記事 全普通教室にプロジェクター、研究発表会まで2か月 (2013年9月)
関連記事 同じ方向に向かって! つながる活動に取り組む (2013年8月)
関連記事 みんなで取り組む!11月研究発表会にむけて(2013年8月)
関連記事 1年を振り返り、次年度に向けて決意!(2013年2月)
関連記事 つながる活動を通じて、生徒同士が学び合う!(2012年12月)
関連記事 iPad導入! わずか1週間後に研究授業で実践!!(2012年9月)
関連記事 研究スタート、数学科から全教科へ(2012年07月)
関連記事 ワークショップ型研修で、変革と成長! (2012年05月)

2014年07月17日(木)UP (田上)

←前の記事へ 次の記事へ→